女子とのラインの5のコツ!始め方、話題、共感の仕方を徹底解説!

女子とのライン コツ
HIRO
こんにちは、『男の恋愛バイブル』のHIROです。

 

「気になる女子とのラインで盛り上がりたいけど、上手なラインのコツが知りたいな」

 

女性とのラインのやりとりに苦手意識を持ってしまう男性って多いですよね。

どんなLINEの送り方をすれば、女の子は喜んでくれるんだろうか。

 

  • 女子とのラインの始め方、出だしはどんな送り方をしたらいいの?
  • 女子とのラインで共感の仕方を知りたい
  • 女性とのLINEで話題がなくなったときはどうすればいいのか?

 

など、女性とのLINEの送り方に悩んでいると思います。

 

そこで今回は、女子が心待ちにする男のラインのコツを5つご紹介していきます。

さらに、『女子とのLINEの心構え』や『気をつけたいポイント』についてもわかりやすくお伝えしていきます。

ぜひ参考にしてみてください!

 

さらに、付き合いたい女性がいる方へ。

今、期間限定で『女性の恋愛感情に火をつけて狙って付き合う方法を無料で受け取ることができます。

 

そう、”あるコツ”さえ知るだけで、なかなか落とせない女性でも落として付き合うができるので、ぜひ今のうちに取り入れてみてください!

 

【※最短2週間】女性の恋愛感情に火をつけて狙って付き合う方法とは?

 

女子とのラインのコツ!LINEの始め方、共感の仕方を徹底解説!

女子とのラインのコツ!LINEの始め方、共感の仕方を徹底解説!

 

それでは早速、女子とのラインのコツについてご紹介していきます。

結論、女性が好むLINEとは以下の5つのポイントを押さえた送り方になります。

 

  1. 相手のLINEの送り方に合わせる
  2. 始め方は気軽な質問系で話しかけるイメージ
  3. 共感の仕方は3回に1回、質問を入れる
  4. ラインでも駆け引きをすること
  5. 女性が好む話題や注意点を知っておく

 

ということで、1つずつ詳しく見ていきましょう!

 

女子とのラインのコツ①相手のLINEの送り方に合わせる

 

女子とのラインのコツ1つ目は、「相手のLINEの送り方に合わせる」です。

相手とのラインでまずやるべきことは、その女子の好む書き方、文字数、返信ペースを観察してください。

 

ポンポンポンと短いキャッチボールを好む女性もいれば、要件のみを好む子もいます。

逆にメールように長めの文章を好む女子もいるんです。

 

なので、相手の好む送り方を見極めたら、やりすぎない程度に真似しましょう。

そうすることで、女性に「この人は合うな」と思わせやすくなるため、距離が縮まりやすくなります。

 

決して、「女性とのラインは短い方が正解」とか「長い方が正解」と考えてはいけません。

答えは一つではない、ということを憶えておきましょう。

 

返信速度についても同じです。

返信が早い子もいれば、半日以上かけてダラっと返してくる子も案外多いんですよね。

 

そういった子は「相手が返信にかけた時間の半分」を目安に返すのがおすすめ。

というのも、全く同じ時間をかけてダラダラ返していても、盛り上がりにくいからです。

 

最もよくないのは、5時間後とかに返してくれた子に5分で返すなど。

それだと、あなたにその気はなくても女性からすれば、返信義務みたいなのを感じさせてしまうのでご注意を!

 

【※アプローチ失敗から逆転したい方へ】

【最短2週間】振られた、既読スルーされた女性を落とす逆転の成功法則とは?

 

女子とのラインのコツ②LINEの始め方、出だしは気軽な質問系

 

気になる女子とのラインで、始め方や出だしに悩んでしまう男性も多いのではないでしょうか。

そんな方にまず理解してもらいたいのは、「LINE=会話の延長」であるということ。

 

先ほど女子が好むラインには色んなパターンがあると言いました。

ですが、実際は若い女性ほど「短文」でラインしている子ばかりです。

 

例えば、「了解!」「そそ!」「わかる!」「そうなの?」「すごいね!」「いいね!」など。

これって日常の会話のやりとりと似ていますよね。

 

つまり、ラインの始め方も「普通に話しかけるイメージ」で考えると良いですよ。

例えば、気になる女性に久しぶりにLINEをする際、多くの男性は以下のようなかっちりした文章を送りがち。

 

「こんにちは、元気ですか?丁度今日、●●に行ったので久々に連絡してみました笑」

 

しかしこれだと、やりとりの回数を重ねるだけで盛り上がりには欠けてしまいます。

むしろ、これが送られてきたら「この人とは合わないかも」と感じてしまうでしょう。

 

これを『会話の延長』で置き換えると、

「久しぶりです!最近●●行った?」

 

このくらい気軽な始め方の方が、女性も返しやすいんですよね。

なので、始めのラインを送信する前に「もっとシンプルにできないか?」とチェックしてみてください。

 

なお、久しぶりの女性にラインを送るときは以下の記事を参考にしてみてください。

例文付きでご紹介しているので、かなり役に立つはずですよ。

 

女性に久しぶりの連絡!久しぶりに送る男からのLINEを例文で解説!!

 

女子とのラインのコツ③LINEでの共感の仕方!3回に1回質問を入れる?

女子とのラインのコツ④LINEでの共感の仕方!3回に1回質問を入れる?

 

女子とのラインにおいても「共感」はやっぱり大事です。

おしゃべりが好きな女子はとても多いので、聞き上手であることはモテるためのコツ!

 

ですが、ただラインで「わかる!」とか「あるある」ばかりだと、盛り上がりに欠けてしまいます。

とくにラインだと声の抑揚が伝わらないので、難しいんですよね。

 

なのでコツは、3回に1回は質問を入れることを意識しましょう。

女子もやはり「この人、私に興味ないのかな」と感じるとあっさり見切られてしまいます。

 

がっつき過ぎるのも良くないですが、相づちや共感ばかりで淡白すぎるのもダメ。

じゃあ、どういった質問をするのがいいのでしょうか?

 

もちろん、こういう質問をすれば正解というものはありませんが、コツはあります。

それは、「彼女はどういう方向性に話しを持っていきたいのか?」を見極めながら聞くんです。

 

例えば、

  • その女子はもっと愚痴を吐きたいのか?
  • もっと深く話したいのか?
  • 次の話題へ移りたいのか?

 

共感を入れつつ、上記の3つを意識しておくと大抵は上手くいきますよ。

決して共感といっても、女子はあなたの意見が聞きたいわけではないのでご注意を。

 

また、女性から「うざがられてるサイン」が出ている場合にも気をつけましょう。

多くの男性はLINEのやめ時がわからず、だらだら続けてしまう人もいますが、女性はサインを出しています。

 

そこをスルーしてしまうと、「空気の読めない人」という烙印を押されてしまうんです。

だからこそ、以下の記事で女性が出すうざがられてるサインをチェックしておいてください!

 

LINEで女性にうざがられてるサイン!めんどくさがれてるサインとは?

 

女子とのラインのコツ④女子との恋愛には駆け引きが必要!

 

一人の女性と付き合いたいと思ったとき「駆け引きを楽しむ」ことがコツです。

おそらく、多くの男性は『押しまくれば、いつか気持ちが通じる』と思っているかもしれません。

 

もしくは、『何もせず、相手から動いてくるのを待つ』という人もいるでしょう。

恋愛経験が少ない男性ほど、この2パターンに別れるといっても過言ではありません。

 

ですが、女子って「男と女が恋愛関係までの駆け引き」を含めて恋愛を楽しんでいます。

なので、ラインも気になる相手とたくさんメッセージを重ねるのが正解ではないんです。

 

もちろん、マッチングアプリなどで「出会ってすぐ」の状態ならマメな連絡や早い展開は必要でしょう。

ですが、友達関係や職場など、それなりに信頼がある関係であれば違います。

 

ただ押し続けたり、相手から動いてくるのを待つのではなく「つかず離れず」がコツ。

例えば、ラインも10回くらいキャッチボールしたら、既読スルーで放置する。

 

すると、やりとりも楽しんでいた女性も「あれ、意外と淡白なんだな」と不安になります。

そして、しばらくしてまたラインを送れば「よかった、返信きた」とホッとするんです。

 

そうやって、女性の恋愛感情を揺さぶっていくというわけですね。

 

女性からすれば、「あなたの気持ちを知りたい」と思う駆け引き要素は絶対に必要だと思ってください。

駆け引きを楽しみたい相手に対して、駆け引きをしないと女性だって冷めてしまいますから。

 

さらに、付き合いたい女性がいる方へ。

今、期間限定で『女性の恋愛感情に火をつけて狙って付き合う方法を無料で受け取ることができます。

 

そう、”あるコツ”さえ知るだけで、なかなか落とせない女性でも落として付き合うができるので、ぜひ今のうちに取り入れてみてください!

 

【※最短2週間】女性の恋愛感情に火をつけて狙って付き合う方法とは?

 

女性とのラインのコツ!女子とのLINEの話題、会話がネタ切れの時は?

女性とのラインのコツ!女子とのLINEの話題、会話がネタ切れの時は?

 

女子とのラインのコツ⑤女性とのLINEで知ってると便利な話題とは?

 

気になる女子にラインを送るときに「話題探しに困る」ということもあるでしょう。

その子とあなたに共通点がほとんどなければ、なおさら難しいですよね。

 

結論から言うと、女性とのラインや会話で、盛り上げるために何かの知識を増やす必要はありません。

なぜなら、あまりに詳しすぎると引かれることもあるからです。

 

それに女性にモテる男性ほど、会話の流れから自然に話題を広げているだけなんですよね。

もちろん共通点はあった方が楽なので、「占い・美容・ファッション」などは少しかじっておくと便利。

 

どれも「全く興味がない」という姿勢よりも「最近、興味を持ち出した」くらいの方がいいです。

女性からしても、あなたと会話できる幅ができるので楽だったりしますから。

 

LINEの途中で会話がネタ切れしまった!無理に続けなくてOK?

 

また、女子とLINEをしている最中に話題がなくなることもあるかもしれません。

ネタ切れしたとして、あなたが話題を探さなくてはLINEが続かないようなら、あえて終わらせてOK!

 

なぜなら、その方が女性にとって「余裕のある男性」に映るからです。

女性がLINEを終わらせたがってたとしても、「空気の読める男性」だと感じるので問題ありません。

 

一番よくないのは、「もう終わりでいいよ」と思ってる女性に新たな話題を提供してしまうこと。

それなら、キリのいいところで一旦終わらせる。

 

そして日にちを空けてまたLINEした方が、最終的に付き合える確率が高めるコツになります。

 

好きな人にLINEしたいけど話題がない!そんな時はどうする?

 

LINEしたい女性がいるのに、話題がないから困っている。

その相手の女子とは共通点もほとんどなく、会話のネタもないと悩む男性は意外と多いです。

 

そして、そう悩む人に共通して言えるのが「面白い話題をしなければならない」という思い込み。

でも、よく考えてみて欲しいんです。

 

あなたの日常において、飲みの席などで友人達と大笑いして盛り上がっている時。

一体どのように会話をしているでしょうか。

 

  • 「そうそう」
  • 「まじか」
  • 「やばい」
  • 「ウケる」
  • 「お前さー笑」
  • 「でたよ」

 

おそらくですが、こんな短い言葉のやりとりになるはず。

この短い言葉のキャッチボールにより、会話はどんどん盛り上がり、その場の楽しさをお互いに共有していくのです。

 

つまり、人は「話題」そのものではなく「雰囲気」によって、楽しい、楽しくないを判断しています。

だから「気の利いた話題を準備しなきゃ」と考えるのはよくありません。

 

それだと、自分にプレッシャーを与えながらLINEすることになるので、相手は楽しさを感じないからです。

極端な話、女子に送るラインの1通目の話題なんて何でもOK。

 

  • 「こんにちは、お仕事中?」
  • 「やっほー、授業中?」
  • 「雨やばいねー」

 

みたいに、気軽に話しかけるイメージでいいんです。

重要なのは、そこから「どう展開していくか?」が全てと言っても過言ではありませんから。

 

何も話すことがないモテない男性は、女子との盛り上がるための「話題」を探します。

モテる男性は、彼女自身を含めて目の前の出来事を「話題」にします。

 

言い換えると、自分の中ばっかり見ているのか、相手を見ているのか。

女性とのラインの上手い人、下手な人っていうのは、意外とそういうところだったりするんですよね。

 

【※本気で落としたい女性がいる方へ】

振り向いてくれない女性の恋愛感情に火をつけ、狙った通りに落とす方法

 

まとめ

女子とのラインの5のコツ!始め方、話題、共感の仕方を徹底解説!

 

気になる女子とラインで盛り上がりたいけど、どんな送り方をすればいいんだろう?

というように、女子とのラインに頭を抱えてしまう人は結構多いです。

 

では、女子が好むラインのコツをまとめると、以下になります。

  1. 相手のLINEの送り方に合わせる
  2. 始め方は気軽な質問系で話しかけるイメージ
  3. 女性が好む話題や注意点を知っておく
  4. 共感の仕方は3回に1回、質問を入れる
  5. ラインでも駆け引きをすること

 

これら5つを意識しておくと、女性からすればより自然で気軽にLINEができるので繋がりやすいです。

そしてドンドン盛り上がってきたら、思い切って誘ってみましょう。

高確率ですんなりOKがもらえるはずですよ。

 

 

↓ ↓ ↓

 

↓ ↓ ↓

 

↓ ↓ ↓

 

↓ ↓ ↓

 

↓ ↓ ↓

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。